もうすぐ1周年

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 22:13

もうすぐ1周年が来る。

去年の今頃、何をしていたのだろう。


残り少ない会社での仕事と開店準備を並行してやっていて、目が回るほど忙しかった。
会社の最後の出勤日は10月19日。店のオープンが22日。
どう考えても無茶苦茶である。全く時間がなく、半泣きになりながら本を並べ、雑貨にタグをつけた。近所の友人にも何日か応援に来てもらって(お世話になりました)、どうにかこうにか店はオープンした。
知り合いもたくさん来てくれたけれど、ほとんどが冷やかしの客で同じ質問が繰り返された。
どうして店を始めたのか?どこから来ているのか?前は何の仕事だったのか?本は好きか?等々。
最初の数日はその繰り返しだった。できるだけ丁寧に答えていたが、そのうちに相手はこちらの答えをそれほど気にしていないことに気付いた。つまり、予想した返事通りであればいいのだ。

以来肩の力が抜け、問われる相手によって答えを変えるようにした。
時々煙に巻くような答えも繰り出され、それはそれで楽しかった。


そしてカフェのオープンは11月1日。これまた直前まで準備に追われた。
一番こだわりたかったカップが決まらない。何を見てもピンと来なかった。色々考えて業務用の食器に決めた。これならもし割れても補充がきくと思ったからだ。未だに破損は一回もない。しかし、いつまでもこの白い食器を使うのはどうなんだろうと、時々考えてしまう。人は初めての店で過ごす時、いろんな期待をするものだ。それに100パーセント応えることは不可能に近いかもしれないが、少しでも出来ることがあれば近づけたい。日々の仕事に追われて1年前の気持ちを忘れないようにしたい。そんな風に思った。

捨てられないTシャツ

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 20:18

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

8月20・21日と連休をいただきました。

息子が車とお金を出してくれて、山口県の温泉に行ってきました。

息子よ、ありがとね。

 

旅のお供の本がこれ。

 

 

 

「捨てられないTシャツ」都築響一 著  筑摩書房
タイトルそのもの、捨てられないTシャツ70枚と持ち主70人のエピソードをおさめた本。

持ち主の情報は、出身地と年齢そして簡単な職業のみ。

著名な方も持ち主の中にいてにやにやしたり、とんでもなく惨いエピソードには怒りに震えたりしながら読みました。お若い方には若干刺激が強い本かもしれません。

それでもこの本が人を引き付けるのは(断捨離だろうがミニマリストだろうがていねいな暮らしだろうが)「捨てられないTシャツが人にはある」ということ。これに尽きるんじゃないかと思います。

 

自分にとってのそれはなんだろうか、と読みながら思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>

7月のスケジュールとか

  • 2017.07.03 Monday
  • 17:03

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

「なんだ、いつもTwitterのまとめばかりじゃないか」と思われてる方ごめんなさい。

まとめは、自分のためでもあります。

何を書いたか忘れてしまうんですよね。

 

今月のスケジュールが出ました。こんな感じ↓です。

 

続きを読む >>

開店8ヶ月と本屋おじさん

  • 2017.06.22 Thursday
  • 16:06

いつもご利用いただきありがとうございます。

 

当店は6月22日で開店8ヶ月を迎えました。

お店をしている方は開店〇周年というのが区切りだと思うのですが、8ヶ月めを迎えるということが自分にとって最初の目標でした。

というのも、今借りている物件の前のテナントが8ヶ月で撤退したからなのです。

 

去年そのことを大家さんから聞いた時、まるで呪文をかけられたような気がしたものです。

大家さんはとても優しい方で魔女なんかじゃないんですけど(笑)、以来何がなんでも8ヶ月はつぶれないようにしようと思ったので今日を迎えられて本当に良かったです。

応援して下さる皆様のおかげです。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

閑話休題。

 

 

 

先日「本屋おじさん」こと高原さんが来られました。

4月のトークイベント 以来で嬉しかったです。

 

お土産に6月13日岡山であったイベント「もっとBOOKMAN」の資料などをいただきました。

ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

「もっとBOOKMAN」は、本屋と版元(出版社)をつなぐ交流会で、70社以上の版元の方が来られて大変盛況だったそうです。

都合がつかなかったのですが、行きたかったなあ。次回はぜひ行きたいです。

 

高原さんから色んなお話を聞いて、刺激になりました。

本屋界隈のことや地域活性の話からクラウドファンディングまで、ラーメンの話も飛び出してとっても楽しかったです。

 

人懐っこい人柄と風貌からは想像つかない気配りの方で(すみません)、多くのお店や本にまつわるお仕事をしている方々と繋がっておられるのも頷けるなあと思ったのでした。

ご本人の言われる「クドイトーク」ばかりが彼の代名詞みたいになっていますが、実は大変聞き上手でもあります。

当店でのトークイベント以後の動向?を注目したいですね。

ぜひ本を上梓していただきたいです。広島の出版社さん、いかがですか?

 

 

 

4ケ月経ちました

  • 2017.02.27 Monday
  • 16:44

こんにちは。店主です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

オープンから4ケ月経ちました。

早いようなそうでもないような。

1ケ月は続くと思われたいわゆる「開店景気」も2週間程度で終わり、「お祭り気分」も早々にさめて

日々現実と向き合いながら、これからどうしていくのかどうありたいのか模索の日々でした。

 

先日青色申告を済ませてやっと一区切りついた気がします。

胃が痛くなりそうだった支払いのあれこれも、帳簿の数字になってしまえば過去のこと。

 

幸い、いいお客様にも恵まれて何とか次のステップを踏み出したところです。

店内イベントも4月まで決まってます。ありがたいなあ。

アコースティックライブとか、やりたいねえ(言ったもん勝ち)

 

廿日市の町の中で人が集える「場所」としてあり続けたいです。頑張っていきましょー。